藁科製材所|相続税対策・不動産・建築・リフォーム・一戸建て賃貸

藁科製材所|相続税対策・不動産・建築・リフォーム・一戸建て賃貸

0120-047-031

メールでのお問い合わせはこちらから

ワラシナの想い。お客様の住まいへの想い
900万円台からの新しい新築住宅 無料メールセミナー
メールセミナー登録
トップへ
ファイナンシャルプランナーだからできる、安心の家づくり相談

新着情報

藁科製材所|相続税対策・不動産・建築・リフォーム・一戸建て賃貸

〒421-0304
静岡県榛原郡吉田町神戸2017-1

アクセスマップはこちら

洋館屋本舗

アーク引越センター

メールでのお問い合わせはこちらから

 

私の祖父が戦後大工から転身して、山の立ち木を買いそれを伐採し販売することを始めました。昔の建築様式ではなるべく木をそのまま使い丸太をうまく組み合わせていました。木挽きさん大工さんが材木の加工をしていた時代です。


父の時代になり昭和35年頃住宅需要の増大に合わせ大工手間合理化のため木材を製材し寸法の規格化が求められるようになり藁科製材所を立ち上げました。


その後扱う材種も国産の杉・桧から米松やラワンといった輸入材に変化してゆき住宅用に加工する技術も大工さんの手仕事からプレカットと呼ばれる機械加工に進化しました。


このプレカット工場で使用する木材も近年は集成材・積層材と呼ばれるものが多くなり我々町の製材工場は必要がなくなってきました。


弊社の設立は平成6年3月です。ようやく20年を迎えました。設立当初はまだ材木の販売で経営ができていたのですが、現在では不動産と建築が売り上げの大半を占めております。製材機は勿論健在ですが稼動するのは一日に1??2時間といったところです。工場の周りも住宅が増え会社の移転を考える必要が出てきました。それから社名も実態に合わせて変更したほうが良いのではと思っています。

 

 

社長の家づくりの想い。


地元密着で住宅に携わる仕事をしてきました。今は建物の性能は確かによくなりました。各自が自分の部屋を持っています。住宅の性能も家の広さもどこまで必要でしょうか?


人により家に求めるものが違うことは分かるのですが、家は箱です。重要なのは中で住む人たちがどういう生活をするかだと思います。自分たち家族がそこでどういう生活をしたいのか考えてから建てた方が良いと思いますし、20年後30年後も考えて欲しいのです。ローンを組まずに建てられる人は大きく立派な家を建てることもいいと思います。


私はこの地域に住みたい人が年収300万円台でも土地からマイホームを実現する夢を叶えるお手伝いをしたいと思っています。そして地域が活性化しすこしでも良い街づくりに貢献できれば本望かと思います。

 

有限会社 藁科製材所  代表:藁科 公一

 

 

藁科製材所|相続税対策・不動産・建築・リフォーム・一戸建て賃貸

0120-047-031
Copyright(C)2014 Warashina co.,ltd. All rights reserved.